有限会社深雪工房 » スタッフブログ

深雪工房

大阪市・豊中市での筆耕・代筆なら深雪工房

西区営業所
06-6543-5277
e-mail
info@miyukikoubou.jp

スタッフブログ

2016年 年賀状

2015.10.30

年賀状の販売が始まりました!

早いもので、今年も残すところ後2ヶ月。

当工房もここから年末に向けてパワー全開でがんばりますthumbs_up

年賀状の宛名書き受付中です。お気軽にご相談くださいicon_187

3つの礼

2015.10.28

10月24日(土)に大阪市中央体育館で「将棋日本シリーズ テーブルマークこども大会」が開催されました。

小学生以下のお子様なら誰でも参加できるということもあり、未来のプロ棋士たちが大勢集まったようです。
舞台裏で賞状筆耕のために待ち受けていたスタッフもちょこちょこと会場内を散策。
こどもたちの集中力の凄さ、あまりの熱気に驚いたようでした。

そして何より感銘を受けたというのが『3つの礼』のお話。

将棋には
対局前の「お願いします」の礼
(終局の合図である)敗者が自ら負けを宣言する「負けました」の礼
感想戦の後の「ありがとうございました」の礼
勝者が自らガッツポーズや雄叫びを上げる競技、スポーツはたくさんあっても
「負けました」と自分の負けを相手に宣言することで終わる競技はそう多くない。

だからこそ、この「負けました」と言う勇気の大切さを知ってほしいというお話だったそうです。

なるほど。
奥の深いお話ですねicon_187
きっと負けを認めたその時から、次につながる何かが生まれてくるのでしょう。

この大会のテーマ『将棋で「ココロ」を育てたい。』

とても勉強になりました。

 

 

 

露芝

2015.10.15

NHKの朝ドラ『あさが来た』いよいよ始まりましたね!

京都の豪商の家に生まれ、そして生まれながらに許婚があり、大阪へ嫁ぐあさ。
幼い姉のはつとあさが、大阪には行きたくないと泣きじゃくるシーンは、思わずもらい泣きしてしまいましたicon_184

現在物語は、姉のはつとあさがそれぞれ大阪の両替屋へ嫁ぎ新婚生活を送っているところicon_181

白蛇のように表情ひとつ変えず冷たい印象だったはつの旦那様が、妻はつのために贈り物がしたいと反物を取り寄せるシーンがありました。
好きなものを好きなだけ、とたくさんある反物の中からはつが選んだ柄は『露芝』。

「露芝なんて少し地味やろか」と自信なさげに言うはつに
「地味やな」
といつも通りの愛想ない旦那様の返事、、、

と思いきや
「せやけど、ええやないか。
露芝は派手さはあれへんけど、美しい柄や。
はんなりとしているようで、鋭さもある。」

と、なんだかはつを想わせる発言。
はつと旦那様が初めて心を通わせることができた心温まるシーンでした。

この露芝。
実は当工房の着物に詳しいスタッフの一人もお気に入りの柄だと少し前に話していたところ。
あまりにタイムリーでびっくりしました。

そして何より、深雪工房のホームページにも使っているんですよ!icon_183
是非、探してみてください。

十五夜 十三夜

2015.9.25

9月27日は『中秋の名月(十五夜)』ですね!
里芋などをお供えすることから「芋名月」とも呼ばれているそうです。

そして十五夜と言えば、お月見団子icon_183
地域によって形も様々なようですが、サザエさんなどに出てくる三方の上に飾られたあれ!
一般的には十五夜にちなんで15個飾るようです。

下段 → 9個
中段 → 4個
上段 → 2個

正方形になるように並べて、これを真横から見ると、イラストのようになるんですね~

そしてススキを一緒に飾るときに気をつけないといけないことは、お月さまから見て左にススキ、右にお団子。
そんな決まりまであるなんて驚きですicon_180

しかも、この十五夜のお月見は元々中国から伝わったもので、日本には『十三夜』というものがあるのだとか。
こちらは栗や枝豆をお供えすることから「栗名月」または「豆名月」と呼ばれているそうです。

そして何より
十五夜、十三夜、どちらか片方だけのお月見は「片見月」「片月見」として縁起が良くないとされることがあるのだと、、icon_180icon_180

今年の十三夜は10月25日です。
十五夜から約1ヶ月後。

十五夜と十三夜、細かいをことは気にせずicon_186
ゆっくりお月さまを眺めるのもいいですね!icon_201

 

 

記念すべき1校目!!!

2015.9.24

「今年度の卒業証書は深雪工房さんにお願いしようと思います」

本日、記念すべき1校目の卒業証書のご依頼をいただきました!!!icon_187

当社は、夏の間、少しだけいつもより落ち着いた時間があります。
実はこの間に、秋から始まる怒涛のごとく忙しい時期の準備をしています。

そのひとつが卒業証書。
もっとこうしたら、スムーズに証書を作成できるのではないか。
こういうことを試してみてはどうか。
などなど、検討を重ねます。

今年もちょうどその会議をしようとしていたところ、見積りのご依頼があり、早々に決定のご報告。
昨年もご依頼いただいていた学校様ということもあり、スタッフみんなで喜びました。
バンザーーーイicon_181

今年度も卒業生お一人お一人のお名前を、心を込めて書かせていただきます。
幼稚園、学校関係者の皆様、是非、一度ご検討くださいませ。

そして準備も抜かりのないように進めてまいりますwink_smile

第31回 現代南画展

2015.9.10
9月8日(火)から13日(日)まで、大阪市立美術館地下展覧会室にて『現代南画展』が開催されています。
水墨や墨彩で風景や人物を描く南画。
公募により集まった作品に賞が授与されます。
賞状をお届けがてらスタッフもしばし観覧。
都会の喧騒を忘れ、南画の世界に引き込まれたようでしたicon_187

 

 

 

またまたうれしいご報告

2015.8.26
またまたうれしいお便りが届きましたicon_181
先日取引先の方がご結婚され、お書きした席札の御礼と新郎新婦のおもてなしの心が伝わるテーブルセッティングのお写真です!席札を持ち込んでいただいた時に、この動物は何をイメージされてのセレクトなのかスタッフが尋ねたところ、北海道で披露宴をされるからとのことでした。
そしてコルクに挿して席札にされるのだと教えてくださいました。

「是非、そのセッティングされた状態を見てみたい!」

スタッフ全員の願いを快く引き受けてくださり、お忙しい中、披露宴当日のテーブルセッティングの様子を収めてくださいましたicon_183
(ご依頼人様、ご了承のもと、お名前の入った札を掲載させていただきます。)

これはすごい!icon_201
テーブルがリトルワールドでまるで動物たちが祝福しているようです!
きっとゲストのみなさまもほっこりなされたことでしょう。

そしてもちろん、私共スタッフもお二人の幸せなご様子を想像しながら、そのおすそ分けをしていただいておりますheart
S様本当にありがとうございます。
お二人の末永いご多幸をお祈り申し上げます。

 

 

 

たいと だいと おとど?

2015.8.24
この字読めますか?
これは中国から伝来した漢字ではなく、日本で作られた漢字体(国字)として最大の画数と言われている文字で「たいと」「だいと」「おとど」と読むのだそうです。読むのももちろんですが、書くのが大変そうicon_180
(筆耕スタッフがうまくまとめてくれましたthumbs_up)しかも『実用姓氏辞典』『難読姓氏辞典』に載っているらしく、この姓を名乗る人がいるicon_127icon_180icon_180

テストの時なんて姓を書くだけで、力尽きてしまいそうですicon_180icon_180icon_180

しかし現在法務省が公開している戸籍統一文字情報の検索サイトでは漢字の画数は64画まで、、、過去にも実在していたのか定かではないようですicon_196

それにしてもどんな意味があったのでしょう?すごい字を考える人がいるものですね。

 

 

 

幸せのお手伝い

2015.8.10
日頃お世話になっている取引先の方から、プライベートのご依頼がありました。
ご自身の披露宴で使われる席札と招待状の宛名書きのご依頼です
お二人の思いのこもった席札の用紙と封筒をお持ち込みいただき、ゲストのお名前を書かせていただきました。
こんな素晴らしいご縁に感謝、感謝です。最近は形式にとらわれず自分たちらしい披露宴をされる方icon_187が多いように思います。
少人数でも大丈夫です。『こだわり』にもできる限りお応えします。
是非幸せのお手伝いをさせていただけたらと思います。

今回ブログに載せることを快諾くださったことにも感謝いたします。
どうかステキな披露宴になりますようにheart
お二人の末永いご多幸をお祈り申し上げます。

 

 

 

支える手 寄り添う手

2015.8.7

昨日は深雪工房の夕涼み会でした。
場所は西区営業所近くのオリックスビルにあるCross Terraceicon_236

深雪工房は常駐しているスタッフと契約いただいている筆耕士さんの手(技)に支えられています。
この日はそのメンバーが筆をビールに持ち替えてicon_183、カンパイ!icon_216icon_205

久々に集う仲間、はじめましての仲間。
とても楽しいひとときでした。

そして御開きになる頃には眼下に素晴らしい夜景icon_201icon_203icon_201
またがんばるぞicon_123という気持ちになれました。

深雪工房では引き続き、筆耕士を募集しています。
是非、仲間に入ってみませんか?